ケノン 全身 何発

ケノン全身脱毛は何発必要?

ケノン 全身 何発 | ケノンは全身何発必要。脱毛し放題の理由

 

ケノンは全身脱毛も可能な家庭用脱毛器です。全身脱毛には何発必要なのでしょうか?ケノン公式サイトによれば全身主要部位を1周脱毛するのに700発必要と記載があります。

 

ちなみに主要部位の照射か回数の目安は次の通りです。

  • 顔 20発から30発
  • 両ワキ 6発から8発
  • 両二の腕 20発から30発
  • 両ひじ下 50発から60発
  • 両手 16発から20発
  • Vゾーン 10発から20発
  • ひざ下 150発から170発
  • ひざ下 170発から200発

 

以上は全身の主要部位ですが、漏れている部分も多々ありますが、ひとまず合計してみましょう。

 

全身主要部位に必要な回数は次の通り計算できます。

  • 全身の最小照射回数 20発+6発+20発+50発+16発+10発+150発+170発=442発
  • 全身の最大照射回数 30発+8発+30発+60発+20発+20発+20発+170発+200発=558発

 

ケノン公式サイトによれば、およそ450発から550発の間ですが、背中、首、お腹、Iライン、Oラインが抜けていますね。

 

特にお腹、背中は広いのでそれぞれ200発づつ、その他を合計100発と計算すれば、先ほどの450発から550発にさらに500発追加になります。

 

つまり、ケノンで全身くまなく脱毛しようとすれば全身脱毛1回あたり1000発と見積もれました。

 

では、次に気になるのが全身脱毛に各カートリッジは持つのか?実際に照射した場合、いったい何発持つのかを次に実際に計算してみました。

 

 

ケノンの各カートリッジの全身脱毛できる回数とは?

ケノンのカートリッジは次の4種類あり、各ショット数は次の通りです。

  • プレミアムカートリッジ 100万発(レベル1) 30万発(レベル10)
  • エクストララージカートリッジ 20万発(レベル1) 1万発(レベル10)
  • ラージカートリッジ 20万発(レベル1) 1.3万発(レベル10)
  • ストロングカートリッジ 8.5万発(レベル1)

 

全身脱毛1回あたり1000発で計算すると、各カートリッジで全身脱毛できる回数は次の通りです。

 

  • プレミアムカートリッジ 1000周(レベル1) 300周(レベル10)
  • エクストララージカートリッジ 200周(レベル1) 10周(レベル10)
  • ラージカートリッジ 200周(レベル1) 13周(レベル10)
  • ストロングカートリッジ 85周(レベル1)

 

プレミアムカートリッジ以外は全身脱毛できる回数はほとんど差がないのが分かりますね。

 

ちなみに、ストロングカートリッジはヒゲや剛毛など特定の部位にだけ使うため少ないように見えますが、そもそも用途が違うので問題ありません。

 

 

プレミアムカートリッジさえあれば全身脱毛の回数を気にする必要ないですよ!

この中で圧倒的な照射回数を持つのがプレミアムカートリッジです。他のカートリッジはレベル10で照射すると全身脱毛10回前後しか使えず、あっという間に消費してしまうでしょう。

 

2017年に新登場したプレミアムカートリッジさえあれば、全身脱毛300周もできます。ちなみに、脱毛サロンと同等レベルのケノンの全身脱毛完了までの回数はおよそ12回から18回が目安です。

 

それに対して、全身くまなく照射しても300回可能という事は、15人分の全身脱毛が完了できるほどの照射回数に相当します。

 

これはまさに脱毛し放題と言っても過言ではないと言えますね。過剰すぎるぐらいの寿命です!

 

2017年はケノンの本体が3,000円オフ、5,000円オフのクーポンを販売していますが、私が断然お勧めするケノンの買い方、それは「プレミアムカートリッジが無料で付くこと」これに尽きます。

 

 

ケノンは中古品を買うと全身に使えず終わります!!

ケノンの中古品だと照射回数が5万発(レベル1)でしかも照射面積が狭く、ストロングカートリッジも付いていないので剛毛の脱毛が困難です。

 

そのため、ケノンは間違っても中古品では買わないことをお勧めします。ワキ、顔、腕ぐらいで寿命が尽きて終わりです。しかも保証がつかず壊れたらそれまで。

 

先ほど紹介した全身脱毛に必要な照射回数の計算については公式サイトにも記載が有ります。

 

ケノンの照射回数やカートリッジの照射回数の詳細など詳しく知りたい方は公式サイトへアクセスしチェックししてみて下さい。

 

ケノン公式サイト